こんばんはー。相変わらずMTGとご飯しか頭にない管理人です。結構食べたはずなのになぜお腹が空いている……!

 さて、今日はちょっと前に公開されていたカードを紹介します。あと新環境のあるデッキについてちょっとだけ考えてみました(´・ω・`)

arc1330_lkjda_collector はい、こちら12月の【FNM】のプロモカードです。

 いやー、ここしばらく各ギルドの有力カードをプロモ化していっているわけですが、ついにオルゾフの番が来ましたね!
 今回も構築で活躍実績のある良カードがプロモ化してくれました。【リアニメイト】の衰退とともに見る機会が減っていったカードではありますが、それでも環境に存在感を持っている【罪の収集者/Sin Collector】さんです。

 ローテーション直前のスタンダードでは人間であることを買われて【白黒人間】のサイドボードに居場所を見つけていたようです。

 と、ここまで考えてふと思ったのですが……新環境の【白黒人間】ってどうなんでしょう? というのが今回の本題です。
 お時間があれば続きからどうぞ~。


 【白黒人間】は【町民の結集/Gather the Townsfolk】【無形の美徳/Intangible Virtue】【未練ある魂/Lingering Souls】なんかのメインパーツを失うので厳しそうだと思っていたのですが、考え直してみるとテーロスには優秀な人間や【ヘリオッドの槍/Spear of Heliod】のような全体強化パーツも登場しています。
 戦い方こそコンボ・トークン戦略から普通のウィニーっぽくなるものの、意外とイケそうな気がしてきました。

sxmpX7Ic805_JP_LR テーロスで新登場した【万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon】をはじめとして、白の低マナ帯には【ボロスの精鋭/Boros Elite】【威圧する君主/Imposing Sovereign】【放逐する僧侶/Banisher Priest】【鬼斬の聖騎士/Fiendslayer Paladin】などなどの強力な人間・クリーチャーがローテーション後にも存在しています。
 こいつらを主軸として序盤から相手を攻め立て、黒を【タッチ】して投入した【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】で攻めに継続性を持たせるという正統派なウィニーデッキとかどうでしょうか。

 黒が必要になってくるのは多分【ザスリッドの屍術師】と【カルテルの貴種/Cartel Aristocrat】くらいですかね……。出来れば【苛まれし英雄/Tormented Hero】も入れたいのですけど、1ターン目から安定して黒を出せる構成と言うのはちょっと厳しいそうなのでとりあえず保留(´∀`;)
 黒の人間・クリーチャーは数も少ないですし、マナ基盤の安定を考えると白タッチ黒の形が無難そうです。

7dN5tUyPHN1_JP_LR また、白タッチ黒の形にしたい理由はマナ基盤や人間・クリーチャーの数以外にもあります。
 【ザスリッドの屍術師】の天敵、【神々の憤怒/Anger of the Gods】の存在です。

 【ザスリッドの屍術師】は【至高の評決/Supreme Verdict】に対して強い除去耐性を授けてくれるものの、テーロスで登場したこいつに対しては無力です。ただでさえ【神々の憤怒】はウィニーデッキに対する強烈な対策となり得るのに、こちらのプランをきっちり潰されるのはたまったものではありませんね。

 そんな【神々の憤怒】を対策したいと考えたとき、第一候補に上がってくるのが【精霊への挑戦/Brave the Elements】です。
 【ザスリッドの屍術師】以外を全て白いクリーチャーとしておくことで、【精霊への挑戦】の効果範囲を広く保ち、【神々への憤怒】への対策をし易いデッキにした方が良さそうだと考えた次第です。

 ……とはいっても、ザスリッド経由で出てきたゾンビ・トークンは焼かれてしまうので焼け石に水程度の対策かもしれませんが(´∀`;)
 相手がサイドボードから【神々の憤怒】を積んできそうだと考えたのであれば、【ザスリッドの屍術師】を抜いて【審判官の使い魔/Judge's Familiar】を入れるなどの対策をするのも良さそうですね。


 ……ここまで考えたものの、苛烈なスタンダード界隈でこのデッキが表舞台で活躍できるかと言えば正直厳しそうですね(´・ω・`;)
 相手による得意不得意が非常に顕著に出る構成になってしまうので、安定して勝てるデッキではなさそうなんですよね……。以降のエキスパンションで良いパーツが増えればあるいは――!

 現状、前環境で【白黒人間】を使っていた人はパーツを流用して【FNM】で試してみては? くらいの感覚ですね。「ちまちま考えておいて結論がコレか!」とののしられると、ぐうの音もでません(´ω`;)
 強いて言えば比較的安く組めそうなので、トップメタよりはお財布に優しいのが魅力ですかね。

 といったところで今回も終了。
 読みやすい文章ってどう書くんだろう……(´;ω;`)
 それでは皆さん、また次の記事でお会いしましょう。

マジック:ザ・ギャザリング テーロス ブースターパック 日本語版 BOXマジック:ザ・ギャザリング テーロス ブースターパック 日本語版 BOX

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 2013-09-27

Amazonで詳しく見る