みなさんこんにちはー。昨日は沢山【統率者戦】をして楽しんできましたヽ(*´∀`)ノ

 さて、【グランプリ・サンティアゴのカバレージ】が公式に出ています。

BZB2BCzt9Q_JPnemvfym0da_JPc33be09c

 なんと優勝したのはLuis Navas氏の【ラクドスアグロ】 いよいよもって今の環境が分かりません……。
 レシピはこんな感じ↓

土地 - 22
8【山/Mountain】
10【沼/Swamp】
4【血の墓所/Blood Crypt】

クリーチャー - 28

4【ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler】
4【苛まれし英雄/Tormented Hero】
1【快楽殺人の暗殺者/Thrill-Kill Assassin】
4【とげの道化/Spike Jester】
4【ラクドスの切り刻み教徒/Rakdos Shred-Freak】
4【モーギスの匪賊/Mogis's Marauder】
3【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】
4【ラクドスの血魔女、イクサヴァ/Exava, Rakdos Blood Witch】

その他 - 10
2【破滅の刃/Doom Blade】
4【稲妻の一撃/Lightning Strike】
4【向こう見ずな技術/Madcap Skills】

サイドボード - 15
2【燃え立つ大地/Burning Earth】
2【戦慄掘り/Dreadbore】
2【死者の神、エレボス/Erebos, God of the Dead】
2【ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars】
1【ラクドスのギルド門/Rakdos Guildgate】
4【思考囲い/Thoughtseize】
2【エレボスの鞭/Whip of Erebos】


 人間を中心に構成した、とにかく早いアグロデッキですね。
 【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】を投入したことで除去耐性の面でもかなり強いです。

7dN5tUyPHN1_JP_LR うーん、実は私も一度【モーギスの匪賊/Mogis's Marauder】が人間だということに注目してラクドス人間アグロを作ろうとしたのですが、【神々の憤怒/Anger of the Gods】がどうしようも無くて諦めたんですよね(´∀`;)
 ですが、こうしたデッキが上がって来たことを考えると、【神々の憤怒】だけでは止め切れないだけのパワーがあると言うことなのでしょうかね……?
 もしくは、単に環境における【神々の憤怒】の採用率の問題でしょうか。今回のグランプリのTOP8には【神々の憤怒】が1枚も使われていないことから分かるように、そこまで頻繁に使われるカードではないのは確かなんですよねー。ただ、丁度ほぼ変わらない時期に行われた【SCGオープン・ロサンゼルス】では【神々の憤怒】を使っているデッキがTOP8に2つあります。環境にそれなりの存在感のあるカードである以上、優勝までに全く当たらなかったということは無いと思うのですが……。
 正直、良くわからないです(【投げ飛ばし/Fling】)

 テーロス発売から1カ月以上が経っているというのにこの環境の混沌ぶりは本当にすごいですね。単に大きな大会で結果を残しているデッキが変わっているというのもそうですが、身近な【FNM】でも毎週違ったデッキに出会えるのがとても楽しいですヽ(*´∀`)ノ
 といったところで今回は終了。
 それでは皆さん、また次の記事でお会いしましょう~。

MTG [マジックザギャザリング] ラクドスの血魔女、イクサヴァ [レア] [ドラゴンの迷路] 収録カードMTG [マジックザギャザリング] ラクドスの血魔女、イクサヴァ [レア] [ドラゴンの迷路] 収録カード


ウィザーズ・オブ・ザ・コースト

Amazonで詳しく見る