はいこんばんは。
 【前回の記事】に引き続き、【グランプリ・静岡】からデッキの紹介と考察です。
 今回は準優勝の【高尾翔太】氏オリジナルの【エスパーミッドレンジ】についてですよー。
 早速レシピどうぞ(`・ω・´)!

高尾翔太氏の【エスパーミッドレンジ】
土地 - 25

4【神無き祭殿/Godless Shrine】
4【神聖なる泉/Hallowed Fountain】
4【静寂の神殿/Temple of Silence】
4【湿った墓/Watery Grave】
3【平地/Plains】
3【欺瞞の神殿/Temple of Deceit】
2【変わり谷/Mutavault】
1【沼/Swamp】

クリーチャー - 24
4【万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon】
3【果敢なスカイジェク/Daring Skyjek】
2【威圧する君主/Imposing Sovereign】
1【カルテルの貴種/Cartel Aristocrat】
4【リーヴの空騎士/Lyev Skyknight】
4【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】
3【冒涜の悪魔/Desecration Demon】
3【幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council】

その他 - 11
1【遠隔+不在/Far+Away】
2【エレボスの鞭/Whip of Erebos】
1【破滅の刃/Doom Blade】
1【究極の価格/Ultimate Price】
4【拘留の宝球/Detention Sphere】
2【至高の評決/Supreme Verdict】

サイドボード - 15
1【遠隔+不在/Far+Away】
3【思考囲い/Thoughtseize】
1【無視/Pay No Heed】
3【破滅の刃/Doom Blade】
2【否認/Negate】
1【異端の輝き/Glare of Heresy】
2【地下世界の人脈/Underworld Connections】
1【至高の評決/Supreme Verdict】
1【ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa】

 詳しい考察は長くなっちゃったので折りたたんであります(・ω・)
 つづきからどうぞ~。
BZB2BCzt9Q_JP 昨日の【オルゾフウィニー】に続き、なんと、こちらのデッキも【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】を使ったデッキ。これは【ザスリッドの屍術師】さんの評価が見直される切っ掛けになるかもしれませんね。
 ちなみにこのデッキの場合3マナ帯までのクリーチャーは全部【人間】です。便宜上【エスパーミッドレンジ】と呼びましたが、【エスパー人間】とも言えるかもしれません。

 また、このデッキは最近あまり見かけなかった【幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council】【エレボスの鞭/Whip of Erebos】のシナジーを投入しています。
 いやぁ、このデッキの【エレボスの鞭】は獅子奮迅の活躍を見せてくれますね。殴り合いの打点が期待し易いこのデッキでは、クリーチャーへの【絆魂】付与が強力なのは言わずもがなとして、【オブゼダート】とのシナジー、【リーヴの空騎士/Lyev Skyknight】のCIP使い回し、【果敢なスカイジェク/Daring Skyjek】の大隊要員の確保など、様々な用途に使えます。

182 最近はエスパーカラーの5マナ帯といえば【ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa】が人気ですが、彼は【エレボスの鞭/Whip of Erebos】との相性がいまいちなんですよね。元から【絆魂】を持っていますし、墓地から釣りあげることを前提に考えると【オブゼダート】の方が完全復活出来て良いですし。
 最近は【ヴィズコーパの血男爵】をきっちり対策したデッキが増えてきたこともあって、【オブゼダート】を主軸としたこの構成は凄く良いものに見えますね(`・ω・´)

 そしてこのカラーの大きな強みとして、【拘留の宝球/Detention Sphere】が使えることがありますね。【神】に置き物、【群れネズミ/Pack Rat】など、幅広いパーマネントに対処できるのは非常に心強いです。

fuptxk7wva_jp 【至高の評決/Supreme Verdict】の採用も面白い要素ですね(`・ω・´)
 自分もクリーチャーを展開していくデッキでありながら【全体除去】をメインから採用しているのはとても大胆な決断だと思います。
 確かにこのデッキですと、【ザスリッドの屍術師】のおかげで自分だけクリーチャーを残せたり、【エレボスの鞭】で墓地のクリーチャーを釣ってこられることから最終的にはアドバンテージを取れるんですよね。なので【至高の評決】の採用は理に適っていると納得できます。頭では。
 ですが、実際にメインからこれを採用できるかと聞かれると、多分私だったら出来ません。
 どうしても「相手によっては腐るんじゃ……」とか「こっちもそれなりに並べるデッキなんだし……」とか考えて採用には及び腰になってしまうと思うんですよね。
 そこをあえてメインから投入する構築センスには本当に脱帽です。私もいつかこんな鋭い構築が出来るようになりたいものです(´ω`*)


 うーむ、こうして公開されたレシピを見ていくと、このデッキが良く考えられたものであることが分かりますね。すごく整っていて美しいです。
 このデッキの柱である「人間要素」と「ミッドレンジ要素」がバランスよく配合されていて、現環境の主だったデッキに対して互角以上に戦って行けそうです。

 ……ただ、このデッキで注意すべきところがあるとすれば、それは赤系の速いデッキですね。
 3色デッキでありながら低マナ帯で人間を展開することの弊害として、【ショックランド】の採用が多く、しかもアンタップインしなくてはならない場面が多々あると思われます。なので、実質の初期ライフは16点以下だと考えた方がいいと思います。
 【エレボスの鞭】でライフを得られるようになるまで、どうしてもライフ的にきつい状況になりやすく、そこに赤の【火力】を打ちこまれると耐えきれない場面が出てきてしまうと思われます。
 そういったデッキを相手取る時は、一手一手を丁寧に、ライフ管理にも細心の注意を払ってプレイしたいところですね(`・ω・´)


 と、今回はこんな感じ。いやぁ、本当に面白いグランプリでしたねヽ(*´∀`)ノ
 ところで、【グランプリ・静岡】では【John Avon】氏の描いた富士山のイラストのプレイマットが限定販売されたそうですね。友人が「欲しいぃいいいいい!!」と絶叫してました。
 こういったグランプリを開催する場所にちなんだグッズがあるのはやはり嬉しいですよね。これからも、グランプリは開催地を大切にしたイベントであり続けて欲しいですね。
 それでは皆さん、また次回。さようなら~(`・ω・´)ノシ

MTG [マジックザギャザリング] ザスリッドの屍術師[レア] [基本セット2014] 収録/M14-123-RMTG [マジックザギャザリング] ザスリッドの屍術師[レア] [基本セット2014] 収録/M14-123-R

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト

Amazonで詳しく見る