アジャニ

【基本セット2015】プレビュー3日目 ~新プレインズウォーカー2枚! 待ちわびた彼女~

 プレビュー3日目! 今日は2体のPWと白の魂、そしてアンコモンのサイクルが公開されました!!

JP_5g4q7v368j世界を目覚めさせる者、ニッサ (3)(緑)(緑)
プレインズウォーカー - ニッサ

+1:あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それはトランプルを持つ4/4のエレメンタル・クリーチャーになる。それは土地でもある。
+1:森を最大4つまで対象とし、それらをアンタップする。
-7:あなたのライブラリーから望む数の基本土地・カードを探し、それらを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。それらの土地はトランプルを持つ4/4のエレメンタル・クリーチャーになる。それらは土地でもある。
[3]


 ついに私待望の新ニッサが登場ですヽ(*´∀`)ノ!!
 以前の【ニッサ・レヴェイン/Nissa Revane】と同じく、2つの+1能力を持っており、そのどちらもがかなり強力ですね。順番に見ていきましょう。

 まず1つ目。土地を4/4のトランプル持ちクリーチャーにする能力について。
 【槌のコス/Koth of the Hammer】を思い出す効果ですが、【コス】と違ってターンが終わってもクリーチャーのままです。なので土地を継続的な戦力として見ることが出来、防御にも使えるようになりました。
 ただし、ソーサリータイミングの除去で対処されるので、その点には注意が必要ですね。土地をガンガンクリーチャー化させたはいいものの、【至高の評決/Supreme Verdict】【ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars】で除去られていく、なんて場面は避けたいものです。
 まああまり重いカードを積まないデッキで運用するのであれば、余った土地を除去上等でクリーチャー化していっても問題はない気がしますね。【クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix】がどんどん土地を出してくれるというのもありますし。緑単のミッドレンジ組みたいなぁヽ(*´∀`)ノ
 あ、ちなみに一緒に【基本セット2015】に収録されている【ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel】をクリーチャー化するとマナ能力を持った4/4【トランプル】【破壊不能】とかいう化け物になります。土地でもあるので、【拘留の宝球/Detention Sphere】【払拭の光/Banishing Light】の対象にとられないのも嬉しいですね。スタンダード環境でこれに対処できるデッキは少ないですし、なかなか夢が広がるシナジーですよね。

 そして2つ目。森を4つアンタップする能力。2ヶ月ほど【ラヴニカへの回帰】ブロックの【ショックランド】とも共存するのが嬉しいですね。
 戦場に出てすぐにこの能力を使うと、新ニッサを僅か1マナの消費で戦場に出したことになりますね。実質2マナ扱いだった【野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker】を思い出す動きです。
 出てすぐこの能力を使った場合、立った4マナでニッサを守るクリーチャーを出したいところ。【世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater】あたりを出せたらベリーグッドですね。相手もポルクラノスとニッサのどちらに【英雄の破滅/Hero's Downfall】を撃つか悩んでくれることでしょう。(相手によっちゃポルクラノスを除去ってニッサを殴り飛ばすかもですけど)
 ニッサが出た次のターンからは、9マナ(土地を置けているなら10マナ)も使えるので、ビッグマナ系のデッキでも使えそうですよね。宿敵【エルドラージ】でも出してみます? あるいみ"Worldwaker"という二つ名にぴったりな動きですよね。皮肉効いてるなぁ(`・ω・´;)
 あと【新緑の安息所/Verdant Haven】【地下世界の人脈/Underworld Connections】などの土地につけるエンチャントとも相性が良いですね。【地下世界の人脈】は構築次第では(黒)(黒)を捻出するのが難しいかもしれませんが、ドローできる回数が増えるというだけでかなり魅力的なシナジーです。

 この2つの+1能力のどちらを主軸に戦うかはデッキの構築と出たときの状況次第といったところ。個人的には1つ目の能力を中心に据えつつ、2つ目の能力でときどきそれなりにXの値が大きい【霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra】【起源のハイドラ】を出したりする形が強そうだと思います。

 そして奥義について。デッキを大幅に圧縮しつつ、4/4トランプルのクリーチャーを大量に並べることが出来ます。
 勝ちに直接的に繋がる奥義なのは好印象ですね。デッキの中に基本土地が有る程度入っていなくてはならないので、ちょっと構築の段階で気を使わなければなりませんが、まあ2色程度のデッキならば勝ちに必要な程度の枚数は出せるでしょう。
 全体除去で簡単に覆るので、油断は禁物。緑じゃちょっと難しいかもですが、【速攻】を持たせたりすると隙が少ないです。
 ちなみにクリーチャーとして戦場に出るわけではないので、「クリーチャーが戦場にでるたび」系の能力は誘発しません。

 初期忠誠度は5マナ帯としては少なめの[3]。まあ戦場に出たらすぐにプラス能力を使うわけですから、【稲妻の一撃/Lightning Strike】で焼かれたりはしないので大丈夫だとは思いますが、他のプレインズウォーカーよりちょっと脆いことは間違いないので気を使った運用をしてあげましょう。

 全体的に見て、是非使いたいと思えるだけの性能があるプレインズウォーカーですね。どんなデッキに入るカードではないものの、緑の中速~低速デッキならば充分選択肢に入るカードとなってきそうです。
 ま、強かろうが弱かろうがニッサなら買い揃えるわけですけど。


 そして今日は新アジャニも公開されています!

mtgjp_M15_preview_20140625不動のアジャニ (3)(白)
プレインズウォーカー - アジャニ

+1:クリーチャーを最大1体まで対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受けるとともに先制攻撃と警戒と絆魂を得る。
-2:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個、あなたがコントロールする他の各プレインズウォーカーの上に忠誠カウンターをそれぞれ1個置く。
-7:あなたは「発生源があなたかあなたがコントロールするプレインズウォーカーにダメージを与えるなら、そのダメージを1点を残してすべて軽減する。」を持つ紋章を得る。
[4]


 ついに出ました5枚目のアジャニ。【ニクスへの旅】【英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes】から僅か2ヶ月での登場です。まあ前も【基本セット2012】【イニストラード】で連続して【原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter】【情け知らずのガラク/Garruk Relentless】が出たことが有りましたし、そんなに驚くことではないのかもしれません。
 さて、さっそく能力を見ていきましょう。

 最初の+1能力は戦友【遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant】の2つ目の能力を思い出させるようなクリーチャーの単体強化です。回避能力の付与がなく、とどめの一撃にこそ使いにくいものの、3つもキーワード能力を付けた上に+1/+1の修整と言うのは尋常な効果じゃありませんね。【警戒】【先制攻撃】【絆魂】という能力のチョイスが「クリーチャーもプレイヤーも守ってやるぜ」と言わんばかりです。

 そして-2能力。初代である【黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane】の2つ目の能力を思わせる全体強化ですね。マイナスの値が増えて警戒も付かなくなっているものの、他のプレインズウォーカーの忠誠カウンターを増やせるようになっています。
 クリーチャーの強化だけを目的とするなら【黄金のたてがみのアジャニ】に劣りますので、出来れば他のプレインズウォーカーとも組み合わせたいところ。――ですが、プレインズウォーカーのサポートだけを目的にすると他にプレインズウォーカーが最低でも2体はいないと割に合わないので、これまた微妙。クリーチャーもプレインズウォーカーも、どちらをも使えるデッキじゃないと有効活用し辛いかもしれませんね。幸いシングルシンボルだからデッキに入れ易いですし、色々模索してみたいところです(`・ω・´)

 そして奥義-7能力。
 スクルト。

 総評としては……まあはっきり言って強いプレインズウォーカーではないと思います。個々の能力に可能性は感じるのですが、【群れの統率者アジャニ/Ajani, Caller of the Pride】同様、戦場に他のクリーチャーやプレインズウォーカー居なければ仕事がないと言うのが厳しいです。また、【群れの統率者アジャニ】はマイナス能力で一時的な強化ソーサリーと割り切って使用することもできましたが、「マナ・コストが上がってしまった」「回避能力の付与が出来ない」の二重苦で、そういった利用も辛くなってしまいました。やはりここはプレインズウォーカーを使い、かつクリーチャーを横に並べられるデッキでの使用を前提としたいところですね。
 となると、最も相性がいいプレインズウォーカーはかの【太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion】エルズペスが出したトークンを強化しつつ、エルズペス自身も忠誠度を上げられます。
 【公式記事】にある通り、このアジャニはエルズペスの遺品を纏ったプレインズウォーカーということもあって、フレイバー的な噛み合いっぷりには胸が躍るものがありますね。開発も中々ニクいデザインをしてくるものです。

 【英雄の導師、アジャニ】のプレインズウォーカーを手札に加えられる能力といい、アジャニは他のプレインズウォーカーのサポートをするのが定番になっていくんでしょうかね? 元々クリーチャーのサポートが得意なプレインズウォーカーでしたし、あまり違和感はありませんね。
 エルズペスの死を背負って、ますます「守ること」に特化する様相を見せるアジャニさん。今後の彼のストーリーにも注目したいところです(`・ω・´)!


 はー、長くなりました。やっぱり新プレインズウォーカーとなると語りたいことが多くなるもんですね(´∀`;)
 他のカードはつづきからどうぞ。

【プレビュー3日目】新アジャニとコンボ向けっぽい青神話レアが公開! ~デッキ組みたい!~

 はい皆さんこんにちはー。プレビュー3日目ですね!
 期待のプレインズウォーカー、【英雄の導師、アジャニ】が公開されましたよー!

BdUSCjHJlz_JP英雄の導師、アジャニ (3)(緑)(白)
プレインズウォーカー - アジャニ

+1:あなたのコントロールするクリーチャーを1体、または2体か3体対象とする。それらの上に3個の+1/+1カウンターを好きなように割り振って置く。
+1:あなたのライブラリーの一番上から4枚のカードを見る。あなたはその中からオーラ・カード1枚かクリーチャー・カード1枚かプレインズウォーカー・カード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
-8:あなたは100点のライフを得る。
[4]


_人人 人人人人_
100点のライフ
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄


 真面目に考察しようかと思っていたら、奥義のインパクトに全て持っていかれました(´・ω・`;)
 アジャニさんたらライフ関係の奥義多いね。まあそういうお方なんでしょう。

 +1能力が2つあり、初期忠誠度も4なので結構固めのプレインズウォーカーに見えますが、自身を守ることのできる能力が無いので、油断したら簡単に倒されちゃうかもしれません。2つめの+1能力で自身を守るブロッカーを持ってくるのがベターですかね。

 2つの+1能力を状況によって使い分けられるのは強力ですが、どちらの能力もあまり大きな効果ではありません。なので、他のプレインズウォーカーのように「死んだら死んだでいいや」みたいな心構えの使い方は難しいです。きっちり生かしてたっぷり働いて貰える環境を整えてお呼びしましょう(`・ω・´)

 -8能力はいわゆる「使ったら勝ち」というタイプのものではありません。最近のプレインズウォーカーは段々奥義が大人しくなってきている気がしますが、特にこれは顕著ですね。ここまで防御的な奥義は初めてなのではないでしょうか。

 どんなデッキに入るのかなぁ……。
 あ、そう言えば+1/+1カウンターを利用する神話レアが公開されています! それと一緒に……!?


U05Ezxwq8V_JP時の賢者 (1)(青)
クリーチャー - 人間・ウィザード

英雄的 - あなたが時の賢者を対象とする呪文を1つ唱えるたび、時の賢者の上に+1/+1カウンターを1個置く。
時の賢者の上からすべての+1/+1カウンターを取り除く:これにより取り除かれたカウンター5個につき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
1/1


 私の中の【統率者戦】脳が「コンボに使え」と叫んでいます。
 毎ターンこいつに+1/+1カウンターを5個以上置く工夫が出来るのなら、それだけで無限ターンですからね。案外とんでもないコンボが登場する可能性もあるんじゃないでしょうか。(こいつ+【Phyrexian Devourer】【壊死のウーズ/Necrotic Ooze】とか……いやこれだと【トリスケリオン/Triskelion】で充分か)
 スタンダードで言えば、今回公開された【英雄の導師、アジャニ】は勿論、【原始の報奨/Primeval Bounty】【エファラの啓蒙/Ephara's Enlightenment】あたりは相性がよさそうですね。ちょっとこれはデッキ作りたいなぁ……。


 といったところで今回はここまで。すぐに次の記事も上げますよーヽ(*´∀`)ノ

マジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅 ブースターパック 日本語版 BOXマジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅 ブースターパック 日本語版 BOX

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 2014-05-02

Amazonで詳しく見る

【ニクスへの旅】の小神様のビジュアルやストーリーが公開! ~緑青の神、クルフィックスに注目~

 はい皆さんこんばんはーヽ(*´∀`)ノ
 早いものでもう四月ですね! 私が住んでいるところは良い感じに桜が見頃を迎えています。

 さて、公式で【プレインズウォーカーのための「ニクスへの旅」案内】が公開されていますよー!
xlz3ht2cck_joupwg_mainheader

 上の画像に何故か笑ってしまったのは私だけではないはず。左から【フィナックス】【エレボス】【ファリカ】だと思うのですが、妙にニクス成分が少なめで生身っぽく見えるんですよね……。信心が足りて顕現済みなんでしょうか?

 今回の記事では現在の【エルズペス】の置かれている状況が説明されています。
 折角なのでふわふわしたあらすじだけこちらに書いておきます。翻訳ではないので悪しからず。

xlz3ht2cck_joupwg_cardart_sohエルズペスが【ミノタウルスの大群】を撃破した後、アクロスとその同盟国は盛大な祝勝の宴を催しました。
しかし、その宴が原因で【ゼナゴス】は神となってしまい、ヘリオッドは激怒し、その責任をエルズペスに求めます。
エルズペスはヘリオッドから逃げ出し、なんやかんやあって彼女を心配してプレインズウォークしてきた【アジャニ】と再開します。

xlz3ht2cck_joupwg_cardart_dokエルズペスとアジャニはこの次元とニクスの真相、そしてゼナゴスをなんとかする方法をしっているという【地平の神、クルフィックス】に会いに「ニクスへの旅」にでます。
道中で【ニクス生まれ】達におそわれつつも、なんとかクルフィックスの許へ辿りついた二人は、その助言を得ることに成功しました。


xlz3ht2cck_joupwg_cardart_gsそして今、エルズペスとアジャニはゼナゴスの領域で彼と対峙しています。
その手に神授の剣を持ち、不本意の英雄、エルズペスはこの次元を救う役割を引き受けたのでした。




 ってな感じですね。
 また、この記事では【ニクスへの旅】で登場する対抗色の小神達も載っていました。

xlz3ht2cck_joupwg_cardart_agopxlz3ht2cck_joupwg_kgos
xlz3ht2cck_joupwg_cardart_pgosxlz3ht2cck_joupwg_cardart_igovxlz3ht2cck_joupwg_cardart_kgoh
(クリックで拡大します)

左上から
白黒:Athreos, God of Passage(死出の神、エイスリオス?)
青赤:Keranos, God of Storms(嵐の神、ケラノス?)
黒緑:Pharika, God of Affliction(病苦の神、ファリカ?)
赤白:Iroas, God of Victory(勝利の神、イロアス?)
緑青:Kruphix, God of Horizons(地平の神、クルフィックス?)


 どいつも個性的な神様ばかりで面白いですねヽ(*´∀`)ノ
 ファリカは「病」ではなく「薬」の神という面を大きく出してくるかと思っていたので、ちょっと意外です。攻撃的な性能だと良いなぁ(´・ω・`*)
 そういえば【クルフィックス】さんって腕が4本ありますね。他の神様達が【ミノタウルス】【ケンタウルス】をモチーフにしていることを考えると、【ミラディンのヴィダルケン】をモチーフにした神様なのでしょうか? でもテーロスにはヴィダルケンはいないはずですし、中々謎に満ちた神様ですね。ストーリーの中でも重要な役割を持っているようですし、今回の5柱の小神一注目の神様と言えるかもしれませんね。

 性能的な面でも今回の神様達がどうなるか気になるところです。
 前エキスパンション【神々の軍勢】での小神達はそれぞれ【誘発型能力】を1つ持っていましたが、今回の小神達はどんな能力を持っているのでしょうか。
 構築向けだけでなく、【統率者】向けな神様もいると良いなぁ(*´∀`)

 といったところで今回は終了。
 あ、いまさらですがこの後順次コメント返信していきます。すっかり遅くなっちゃって申し訳ないです……(´ω`;)
 では、皆さんまた次の記事でお会いしましょう~(`・ω・´)ノシ


マジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅 ブースターパック 日本語版 BOXマジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅 ブースターパック 日本語版 BOX

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 2014-05-02

Amazonで詳しく見る

赤緑の新PWや青の神様が公開!! ~なんかテーロスみんな強い……(´∀`;)~

 ほい、今日も帰ってきたら大量のプレビュー。というわけで早速紹介していきますよー!!

ELJsJYK7L18_JP_LR歓楽者ゼナゴス (2)(赤)(緑)
プレインズウォーカー - Xenagos

+1:あなたのマナ・プールに、(赤)と(緑)を望むように組み合わせたマナをX点加える。Xはあなたのコントロールしているクリーチャーの数に等しい。
0:赤であり緑である2/2の速攻を持ったサテュロス・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
-6:あなたのライブラリーの一番上から7枚のカードを追放する。あなたはその中から好きな枚数のクリーチャー・カードと土地・カードを戦場に出してもよい。
初期忠誠度:3


 以前から言われていた【サテュロス】のプレインズウォーカー。日本語名は【享楽者クセナゴス】みたいな感じ? →【歓楽者ゼナゴス】でした(´ω`*) テーロスのストーリー上の悪役っぽいです。
 って強いなオイ!
 +1能力のマナ加速といい、0能力の【トークン】生成といい、【野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker】に近い感覚で使用できそうです。奇をてらわない強さで、色が合えば様々なデッキへの投入が見込めそうなところも似ています。

 ――しかし、4マナPWが0能力で速攻2/2を出せるとは……時代は変わりましたな(`・ω・´;)
 +1能力と0能力が強い分、-6の奥義は控えめ。かなり不安定で、場合によっては土地が増えるだけ、なんていうのもありそうです。それでも選択肢としては充分すぎる性能なのですけれど。

 4マナ帯というのはプレインズウォーカーにとっての花形だけあって、今回のクセナゴスさんも期待が募ります。一体どんなデッキで使われることになるのでしょうか(*´∀`)

 そういえば、
これで次期スタンには2人の赤緑プレインズウォーカーが居ることになるんですね。【ドムリ・ラーデ/Domri Rade】と【ゼナゴス】さんと。両方強えなぁ(´ω`;)
 ついでに【獣の統率者、ガラク/Garruk, Caller of Beasts】を追加して、クリーチャー多いデッキ向きのプレインズウォーカーを集めたグルール【ミッドレンジ】を組んでみたくなっちゃいますねヽ(*´∀`)ノ


 といったところで他のカードも見てみましょう。青い神様とかも公開されてますぜ。
 おしながきはこんな感じ。→【海の神、タッサ】、
【目ざといアルセイド】、【雨雲のナイアード】、【槍先のオリアード】、【葉冠のドライアド】、【夜の咆哮獣】……あと【基本土地】

このブログについて
 このブログは、 カードゲーム【マジック:ザ・ギャザリング】、通称【MTG】 に関するアレコレを適当に書き綴っていくブログです。
(   `・ω・´   )
基本的に毎日更新しますよー。

【MTG<またぎ>ブログ】は直ちに生涯補償のポリシーを撤回した。

ブログのURLが変わりました。→ http://mtg.blog.jp/
Amazonで買えるMTG商品
↓クリックすると開きますよー↓




神々の軍勢BOX(日本語版)
神々の軍勢BOX(日本語版)

MTGミントカード
mtgmintcard
広告
広告
記事検索
広告
連絡はこちらへ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ