ゴルガリ・ドレッジ

【ニクスの織り手】再評価と【ドレッジ】と環境について雑感 ~駆け足更新失礼ヽ(´∀`;)~

 ハーイこんにちは。だんだん暖かくなってきてついついうとうとしちゃいますね。春眠ってやつです。

 さて今日は【ゴルガリ・ドレッジ】をしばらく使ってみての雑感。
 【ニクスの織り手/Nyx Weaver】の再評価と、環境とのすり合わせについてですねー。
【こちらの記事】をある程度踏まえた内容になっていますので、出来ればそちらを先にお読みくださいな。

uFKhXtKWMa_JP【ニクスの織り手】について

 調整してたらこいつの評価が私の中で上昇。決め手になるような性能ではありませんが、万能で使い勝手の良いクリーチャーだと思うようになりました。

 なんといっても、【忌まわしい回収/Grisly Salvage】【神々との融和/Commune with the Gods】のような墓地肥やし枠として採用できるのが利点。デッキの中のクリーチャー比率を下げずに墓地肥やし要員を増やす事が出来ると言う点では、【サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder】に近いと言っても良いかもしれませんね。もちろん、戦場に出ただけで仕事をしてくれる【サテュロスの道探し】の方が使い易いのは確かですが。

 【クリーチャー・エンチャント】全般に言えることですが、【エレボスの鞭/Whip of Erebos】で釣ることで【星座】を誘発させられるのも素敵。役目が終わったら能力を起動して墓地の【倒れた者からの力/Strength from the Fallen】を回収したり、かなり柔軟に動くことが出来ます。


P66VudG586_JP環境とのすり合わせについて

 実を言いますと、私ニクスへの旅参入後のスタンダードでは勝率が下がっています(´・ω・`;)
 といいますのも、新カードの【通行の神、エイスリオス/Athreos, God of Passage】を警戒してか、サイドボードに【安らかなる眠り/Rest in Peace】を投入したデッキに何度か遭遇しているからなんですよね……。
 実際のところ【通行の神、エイスリオス】が新環境でどれだけ戦えるかは未知数ですし、これから「なんだ、案外エイスリオスデッキ少ないじゃん」ってことになって環境から墓地対策が減ってくれると【ドレッジ】としては有難いのですが。
 もし今後も墓地対策がサイドボードに積まれ続けるようであれば、大きく方向転換を図る必要がありそうです。
 墓地利用に特化した形から、別の勝ち手段も搭載したデッキに改築すべきかもしれません。となれば、お勧めしたいのは緑単色のデッキに変えること。その場合自身も【漁る軟泥/Scavenging Ooze】を投入することで墓地対策されてもあまり痛く無いように出来ますしね。

 というわけで一応緑単のレシピも考えてみました。……が、今から【FNM】ですのでそれは次の記事で(´∀`;)ノシ

マジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅公式ハンドブックマジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅公式ハンドブック

ホビージャパン 2014-05-02

Amazonで詳しく見る

【ゴルガリ・ドレッジ】サンプルレシピとカード雑感 ~明日のFNMはこれで出る(`・ω・´)~

 はい、というわけで予告通り【倒れた者からの力/Strength from the Fallen】を使ったデッキのレシピを公開(`・ω・´)!
 とは言ってもなんの変哲もない黒緑のドレッジデッキですけどね。
 まあともかくレシピどうぞ。

【黒緑ドレッジ】~己の屍を越えてゆけ~
土地 - 20
7【森/Forest】
6【沼/Swamp】
3【マナの合流点/Mana Confluence】
4【草むした墓/Overgrown Tomb】


クリーチャー - 26
4【エルフの神秘家/Elvish Mystic】
4【サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder】
4【ロッテスのトロール/Lotleth Troll】
4【責め苦の伝令/Herald of Torment】
4【夜の咆哮獣/Nighthowler】
2【ゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lord】
4【定命の者の宿敵/Nemesis of Mortals】


その他 - 14
4【神々との融和/Commune with the Gods】
4【忌まわしい回収/Grisly Salvage】
4【倒れた者からの力/Strength from the Fallen】
2【エレボスの鞭/Whip of Erebos】


 サイドボードは相変わらず省略。環境を見つつ調整で。
 動き方の基本は今までの【ドレッジ】とそう変わりませんね。墓地肥やしたりマナ加速したりしながら【定命の者の宿敵/Nemesis of Mortals】【ゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lord】でゴリ押す感じです。
 なので今回は動き方よりも、個々のカードについての考察をメインに据えたいと思います。
 採用していないカードについても考察していますので、何かの参考にして頂ければ幸いです(`・ω・´)

 つづきはつづきから。

ゴルガリ・ドレッジが結果を出した……!? ~ゴルガリドレッジ追加考察~

 はい皆さんこんばんはー。
 相互リンクして頂いている【イゼ速。】さんで知ったのですが、【ゴルガリ・ドレッジ】が【MOのスタンダードプレミア2位】という結果を出したそうですね! ウソだろオイ。

fBw6fZqLjp_JP 【以前の記事】【サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder】を使った【ゴルガリ・ドレッジ】を考えていた自分としてはとても嬉しい知らせですねヽ(*´∀`)ノ
 細かい構築は違えど、着眼の骨子は間違っていなかったということにちょっと喜んでいます。

 そして入賞したレシピを見て気が付いたのですが、【責め苦の伝令/Herald of Torment】を採用しているのですね。以前の記事で書いたレシピだと、チャンプブロックをされると攻め切れなくて困るという場面が多かったのですが、なるほど【授与】で回避能力をつけると言うのはとてもいい選択肢ですね! しかも回避能力を持たせるエンチャントでありながら、墓地にあるときは【クリーチャー・カード】としても数えられると言うのがとても素敵です(`・ω・´)


azai87ux11_jp 実際に今回入賞したレシピを回してみた感じ、思った以上に爆発力がありますね。
 ただ、除去手段に乏しいので、横に並べてきてかつサイズも大きくなる【群れネズミ/Pack Rat】は天敵なのではないかと感じました。
 そこで私が提案したいのは、自身のデッキにも【群れネズミ】をメインから投入しておくことです。
 【先日の記事のレシピ】でもこっそり2枚投入していましたのは、相手が群れネズミゲーに持っていこうとした時にそれに対抗できる手段の一つとして役に立つことを見越してのことです。
 また、手札を捨てることが出来るので、それを利用して墓地を肥やすこともできます。動き自体はかなりもっさりしていますが、その分出来ることは幅広く、かつ力強いです。

 他の【群れネズミ】対策としては、こちらのリカバリ能力の高さを鑑みて、サイドボードに【花崗岩の凝視/Gaze of Granite】を入れて流してしまうのも悪くはないかと思います。通常の全体除去と違って、【花崗岩の凝視】は相手の【地下世界の人脈/Underworld Connections】などのアドソースも一緒に壊せるので相手のリカバリを遅らせられるのが嬉しいですね。


 なんにせよ、今回の結果は私に小さくない衝撃でした。
 【ゴルガリ・ドレッジ】は戦えると言うことをまざまざと見せつけられた気分です。
 このまま躍進して欲しいですが、あまり目立つと【漁る軟泥/Scavenging Ooze】さんが「やあ」とか言って出て来そうで怖いですね。こういったタイプのデッキを使うなら対策されていない内に使ったほうが良さそうです!(←ゴルガリ好き過ぎて身内からの墓地ヘイトが高い奴)

 それでは皆さん、また次の記事でお会いしましょう、さようなら~ヽ(*´∀`)ノシ

マジック:ザ・ギャザリング デュエルデッキ 「ジェイスvsヴラスカ」 日本語版マジック:ザ・ギャザリング デュエルデッキ 「ジェイスvsヴラスカ」 日本語版

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 2014-03-14

Amazonで詳しく見る

一発ネタ
x5VhsUFaIx_JP
IMGA0299
 【ダーク魂Ⅱ】の発売直前ですが、Ⅰで【絶望の偽母/Forlorn Pseudamma】ロールプレイ中。似てない。
このブログについて
 このブログは、 カードゲーム【マジック:ザ・ギャザリング】、通称【MTG】 に関するアレコレを適当に書き綴っていくブログです。
(   `・ω・´   )
基本的に毎日更新しますよー。

【MTG<またぎ>ブログ】は直ちに生涯補償のポリシーを撤回した。

ブログのURLが変わりました。→ http://mtg.blog.jp/
Amazonで買えるMTG商品
↓クリックすると開きますよー↓




神々の軍勢BOX(日本語版)
神々の軍勢BOX(日本語版)

MTGミントカード
mtgmintcard
広告
広告
記事検索
広告
連絡はこちらへ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ