デッキ紹介

【スタンダード】緑t黒信心+ドレッジ+星座 ~黒t緑信心じゃないよ!~

4fkHvs4soX_JP はい皆さんこんばんは。一昨日の夜はFNM帰りに寄ったお店でたまたまお会いした方とフリプしたり、【BUG】なプレインズウォーカーコントロールを作る為のパーツを衝動買いしてしまったりと中々MTG充してましたヽ(*´∀`)ノ

 前にご紹介した【緑単ドレッジ】を調整していたのですが、気が付けばまた黒が入っていた。何を言っているのか分からないと思うが、私が頭がどうにかなっているゴルガリ厨だということだけは分かって貰えると思う。

 期せずして環境のメタの一角である【黒t緑信心】の逆、【緑t黒信心】になったわけですが、使っていて楽しいのでレシピを放流。
 【緑信心】【ドレッジ】【星座】とギミックを詰め込んだシナジー増し増しのデッキですよーヽ(*´∀`)ノ!

【身内のR.I.P率の高さにむせび泣く男、ニクスの織り手!】
土地 - 21
8【森/Forest】
2【沼/Swamp】
2【マナの合流点/Mana Confluence】
4【疾病の神殿/Temple of Malady】
4【草むした墓/Overgrown Tomb】
1【変わり谷/Mutavault】

クリーチャー - 31
4【エルフの神秘家/Elvish Mystic】
4【サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder】
4【ロッテスのトロール/Lotleth Troll】
4【クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix】
4【ニクスの織り手/Nyx Weaver】
2【苦悶の神、ファリカ/Pharika, God of Affliction】
4【開花の幻霊/Eidolon of Blossoms】
1【ナイレアの信奉者/Nylea's Disciple】
3【狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt】
1【ゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lord】

その他 - 8

4【倒れた者からの力/Strength from the Fallen】
1【回帰の泉/Font of Return】
1【エレボスの鞭/Whip of Erebos】
1【見えざる者、ヴラスカ/Vraska the Unseen】
1【全希望の消滅/Extinguish All Hope】

 詳しい動きはつづきからどうぞ~。

【マカール王】再考&サンプルレシピ ~思ったよりは使える奴です(`・ω・´)~

 はい皆さんこんばんはー(´∀`;)
 世間さまが【コンスピラシー】で盛り上がる中、必死にスタンダードでのドレッジの調整を考えていた管理人です。
 ここのところスタンダードの成績が悪くて、色々試してはいるのですけどね……案外周りの墓地対策きつくて。もう【安らかなる眠り/Rest in Peace】きらいです……(´;ω;`)

 さて、コンスピラシーのお話は次に回すとして、今日は【黄金の呪いのマカール王/King Macar, the Gold-Cursed】のお話。
 黒緑コントロールを色々試していた時に、こいつをデッキに入れてみたら思った以上に活躍してくれて、完全に虜になってしまいましたヽ(*´∀`)ノ
 なので【マカール王】にワンチャンはないか!? と必死になって色々考えてみました。
 まずはカード性能のおさらい、どうぞ。

O9YGCX76EK_JP【黄金の呪いのマカール王】 (2)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー - 人間

神啓 - 黄金の呪いのマカール王がアンタップ状態になるたび、クリーチャー1体を対象とする。あなたはそれを追放してもよい。そうしたなら、「金」という名前の無 色のアーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。それは「このアーティファクトを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加え る。」を持つ。
2/3


 同じマナ帯の【冒涜の悪魔/Desecration Demon】のようにまっすぐに使って強いカードではないものの、噛み合ったデッキで使えばこれ以上ないほどの戦果をあげてくれるようです。
 というわけで、成果があったわけではないものの、ちょっとした【マカール王】使用報告。

・クリーチャーが殆ど居ないデッキに対しては弱い。
 まあ能力がクリーチャー除去なんですから当たり前ですね。【青白コントロール】のようなデッキに当たった場合は大人しくサイドアウトしましょう。

・除去の少ない相手には強い。
 相手がクリーチャー主体のデッキだった場合、マカール王が除去られずに機能すればまず負けません。具体的には【グルールモンスター】やその類型、【セレズニアアグロ】などですね。
 まあそういう相手に対しては攻撃してタップするのもちょっと難しかったりもするので、何らかのタップ手段や攻撃補助手段があれば良いかも。

・アタッカーとしては下の下
 4マナ2/3という【マナレシオ】の悪さから、「普通だったら勝ってるだろ!!」っていうくらいのターン数を掛けても殴り切れなかったりします。ですので、別のフィニッシャーを用意しておいても良さそうです。
 【マカール王】はあくまでテンポを稼ぐための妨害手段であって、勝ち手段ではないのです。

 あれ、書き出してみると良いとこあんまりないな……(´・ω・`;)

 まあぶっちゃければ【冒涜の悪魔】が環境に居るうちはほぼ出番はないと思いますが、人とは違うデッキを求めるあなたは採用を一考どうぞ。
 一応【マカール王】を使ったサンプルレシピ置いておきますね。なんかの参考にどうぞ。

【マカールおじさん】
土地 - 22
4【疾病の神殿/Temple of Malady】
4【草むした墓/Overgrown Tomb】
2【マナの合流点/Mana Confluence】
2【森/Forest】
10【沼/Swamp】

クリーチャー - 15
3【死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman】
4【脳蛆/Brain Maggot】
3【生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie】
3【荒野の収穫者/Reaper of the Wilds】
2
【黄金の呪いのマカール王/King Macar, the Gold-Cursed】

その他 - 23
4【思考囲い/Thoughtseize】
3【強迫/Duress】
3【胆汁病/Bile Blight】
2
【肉貪り/Devour Flesh】
3【ゴルガリの魔除け/Golgari Charm】
4【突然の衰微/Abrupt Decay】
4【英雄の破滅/Hero's Downfall】

 大量に搭載した【手札破壊】によってお互いのリソースをガンガン削り、マカール王の活躍を増やす形。マカール王が機能し始めたら、あとは【死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman】の起動型能力や【生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie】での威嚇でささっと決着をつけましょう。ハンデス楽しい。

マジックザギャザリング ニクスへの旅(日本語版)/黄金の呪いのマカール王/MTG/シングルカードマジックザギャザリング ニクスへの旅(日本語版)/黄金の呪いのマカール王/MTG/シングルカード

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 2014-05-01

Amazonで詳しく見る

【緑単ドレッジ】レシピとその特徴 ~ローテーション後も戦える(`・ω・´)!~

 はい、こんばんは。
 予告通り緑単ドレッジのレシピですよーヽ(*´∀`)ノ!
 黒緑ドレッジとの比較をメインに書いて行こうと思います。

土地 - 21

16【森/Forest】
3【変わり谷/Mutavault】
2【ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx】

クリーチャー - 28
4【エルフの神秘家/Elvish Mystic】
4【サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder】
2【漁る軟泥/Scavenging Ooze】
4【クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix】
3【加護のサテュロス/Boon Satyr】
3【狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt】
4【開花の幻霊/Eidolon of Blossoms】

4【定命の者の宿敵/Nemesis of Mortals】

その他 - 11
4【倒れた者からの力/Strength from the Fallen】

4【神々との融和/Commune with the Gods】
3【クルフィックスの洞察力/Courser of Kruphix】


 相も変わらずサイドボードは無いです(´・ω・`)
 詳しい話はつづきから。

【ゴルガリ・ドレッジ】サンプルレシピとカード雑感 ~明日のFNMはこれで出る(`・ω・´)~

 はい、というわけで予告通り【倒れた者からの力/Strength from the Fallen】を使ったデッキのレシピを公開(`・ω・´)!
 とは言ってもなんの変哲もない黒緑のドレッジデッキですけどね。
 まあともかくレシピどうぞ。

【黒緑ドレッジ】~己の屍を越えてゆけ~
土地 - 20
7【森/Forest】
6【沼/Swamp】
3【マナの合流点/Mana Confluence】
4【草むした墓/Overgrown Tomb】


クリーチャー - 26
4【エルフの神秘家/Elvish Mystic】
4【サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder】
4【ロッテスのトロール/Lotleth Troll】
4【責め苦の伝令/Herald of Torment】
4【夜の咆哮獣/Nighthowler】
2【ゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lord】
4【定命の者の宿敵/Nemesis of Mortals】


その他 - 14
4【神々との融和/Commune with the Gods】
4【忌まわしい回収/Grisly Salvage】
4【倒れた者からの力/Strength from the Fallen】
2【エレボスの鞭/Whip of Erebos】


 サイドボードは相変わらず省略。環境を見つつ調整で。
 動き方の基本は今までの【ドレッジ】とそう変わりませんね。墓地肥やしたりマナ加速したりしながら【定命の者の宿敵/Nemesis of Mortals】【ゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lord】でゴリ押す感じです。
 なので今回は動き方よりも、個々のカードについての考察をメインに据えたいと思います。
 採用していないカードについても考察していますので、何かの参考にして頂ければ幸いです(`・ω・´)

 つづきはつづきから。

【デッキ紹介】黒t赤信心ですよー! ~黒単信心に赤を足して【殺戮の神、モーギス】を使おう!~

 はい皆さんこんばんはー! お久しぶりですヽ(´∀`;)ノ!
 いやなんかもう色々忙しくて籠っちゃってました。申し訳ない……。

 今日は新しいデッキを考えてみたのでそれの紹介をしたいと思います(`・ω・´)

【黒t赤信心】
土地 - 26
10【沼/Swamp】
4【変わり谷/Mutavault】
4【蒸気孔/Steam Vents】
4【悪意の神殿/Temple of Malice】
4【血の墓所/Blood Crypt】


クリーチャー - 18
4【群れネズミ/Pack Rat】
4【夜帷の死霊/Nightveil Specter】
3【冒涜の悪魔/Desecration Demon】
3【殺戮の神、モーギス/Mogis, God of Slaughter】
4【アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel】


置き物 - 4
4【地下世界の人脈/Underworld Connections】


その他 - 12
4【思考囲い/Thoughtseize】
3【戦慄掘り/Dreadbore】
4【英雄の破滅/Hero's Downfall】
1【ラクドスの復活/Rakdos's Return】


サイドボード - 15
1【強迫/Duress】
4【ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars】
2【悲哀まみれ/Drown in Sorrow】
4【生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie】
2【死者の神、エレボス/Erebos, God of the Dead】
2【殺戮遊戯/Slaughter Games】



 はい、というわけで【黒単信心】にタッチ赤した【黒t赤信心】です。殆どは定型の【黒単信心】ですが赤をタッチすることで対コントロール性能の向上を狙っています。

Rt7wmcmKCJ_JP 個人的にこのデッキ最大のキモなのが、【殺戮の神、モーギス/Mogis, God of Slaughter】です! 正直、今回のはこいつを使いたくて考えたデッキですね(`・ω・´)
 【存在の破棄/Revoke Existence】の再録によって神様達の信頼度は大分下がってしまいましたが、それでも【破壊不能】なダメージ源というのは魅力的です。また、上手く顕現出来た場合4マナパワー7という【冒涜の悪魔/Desecration Demon】をも超えるパワーを持っているのも素晴らしいですね。
 【回避能力】を持っていないのが玉に瑕ですが、こちらにはそれなりに除去も積まれていますし、きっちりクリーチャーを処理しつつ戦えればかなりの脅威となるかと思います。

jz4oerjvvr_jp お次は【戦慄掘り/Dreadbore】。ソーサリーではあるものの2マナの万能除去ということで採用。
 他の2マナ除去と違って良い部分は、グルールが先攻2ターン目に出してきた【ドムリ・ラーデ/Domri Rade】を返しのターンで除去できることですね。早い段階で相手のアドバンテージ源を潰せるのは嬉しいです。
 今回はサイドボードに落としていますが、【ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars】とメインボードの【戦慄掘り】は入れ替えつつ枚数調整しても良いと思います。【ミジウムの迫撃砲】は通常の黒単信心では対処が難しかった【ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa】に対処できるので、いざというときとても頼りになること請け合いです。
 ただ、赤はあくまでもタッチ程度の濃さなので、【超過】のトリプルシンボルは安定しないかもしれませんね。あとこちらも【戦慄掘り】と同じくソーサリーなので、小回りはあまり効かないです(´・ω・`;)

0la1vvjpyq_jp お守り代わりに【ラクドスの復活/Rakdos's Return】を1枚積んでいます。
 残りライフの少ない相手への押し込み、コントロールへの嫌がらせ、マナフラッド気味な時の使い道などに。

 他にも、ラクドスカラーは、【殺戮遊戯/Slaughter Games】【狂気の種父/Sire of Insanity】
【騒乱の大祭/Havoc Festival】などなどコントロールに対して強力なカードが数多く存在します。もし【白青コントロール】にひと泡吹かせてやりたいと考えている【黒単信心】使いの方がいらっしゃいましたら、試しに赤をタッチしてみてはいかがでしょう(・ω・*)
 ……【騒乱の大祭】はちょっと趣味の面が強いかもしれませんが。


 とまあ今回はこんな感じで終了。
 次の記事こそ早めに上げたいな|´∀`;)ノ

マジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅 ブースターパック 日本語版 BOXマジック:ザ・ギャザリング ニクスへの旅 ブースターパック 日本語版 BOX

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 2014-05-02

Amazonで詳しく見る
このブログについて
 このブログは、 カードゲーム【マジック:ザ・ギャザリング】、通称【MTG】 に関するアレコレを適当に書き綴っていくブログです。
(   `・ω・´   )
基本的に毎日更新しますよー。

【MTG<またぎ>ブログ】は直ちに生涯補償のポリシーを撤回した。

ブログのURLが変わりました。→ http://mtg.blog.jp/
Amazonで買えるMTG商品
↓クリックすると開きますよー↓




神々の軍勢BOX(日本語版)
神々の軍勢BOX(日本語版)

MTGミントカード
mtgmintcard
広告
広告
記事検索
広告
連絡はこちらへ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ