【ニクスへの旅】気になるカード:白 ~なかなか豊作ですな(*´∀`)~

 更新遅れましてあいすみませぬ(´・ω・`;)
 【ニクスへの旅】に収録されたカードの中で、気になる白のカードをピックアップしてみました。流し読みして下さい。

2WheQ99wkU_JP【神々の神盾】

 2マナ2/1クリーチャーでありながら、【神聖の力線/Leyline of Sanctity】のような、プレイヤーに【呪禁】を与える能力を持った強力なクリーチャー。2マナの生物が持つ能力としてはかなり破格ですが、タフネス1の【クリーチャー・エンチャント】ということで、かなり対処され易くなったのは注意。
 こういう類のカードはよく【バーン】対策に使われますね。ただ、こいつの場合クリーチャーなのでバーンもこいつを簡単に焼けてしまいます。【神聖の力線】ほど強力なメタカードとはならないでしょう。
 むしろ、【バーン】デッキが少ない現在のスタンダードにおいては、【思考囲い】【生命散らしのゾンビ】のような【手札破壊】をかわせるというところに注目して使う方が良いかもしれません。どちらもトップメタの一角である【黒単信心】が使ってくるカードですし、それらへの対抗策として採用してみるのも面白いかもしれませんね。

 対【ビートダウン】戦ではただの2/1となってしまうのが困りもの。メインボードに採用できるかは環境次第になりそうですね。

 こいつは【人間】なので、【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】とのシナジーがあります。【白黒人間】などであれば比較的スムーズに投入できそうですね。
 折角【クリーチャー・エンチャント】なので【オドゥノス河の底さらい/Odunos River Trawler】とも組み合わせてみたいところですが、ちょっと趣味が過ぎますかね?(´・ω・`*)

 「々」をにすると【神神盾】。ぃ……。


 他のカードについてはつづきからどうぞ。ちょっと長いです(´∀`;)

【神々の軍勢】公式より大量スポイラー! まずは白から! ~公式は萌えキャラ~

 はい皆さんこんばんはー。【公式】より大量スポイラー。公式曰く、「ミスって早めに乗せちゃった☆ フルスポイラーは明日出すね(´∀`;)」とのこと。おっちょこちょいな奴らめ……。

 まあそのスポイラー以外で公開されたカードも数枚ありますが、ついでにそれも紹介しちゃいますね。
 じゃあ早速白のカードから見ていきましょう。

D0KetvXtwE_JP侍祭の報奨 (1)(白)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、次にその前者に与えられるダメージをX点軽減する。Xはあなたの白への信心に等しい。これによりダメージが軽減されるなら、侍祭の報奨はその点数に等しい点数のダメージをその後者に与える。


 過去のカードで言えば【神聖なる反撃/Divine Deflection】に近い性能のインスタント。【神聖なる反撃】と違って自分へのダメージは軽減できないのでそこは注意。
 火力や戦闘からクリーチャーを守りながらアドバンテージを取る呪文ですね。使うタイミングが少ないのが玉に瑕ですが、上手くいった時は1:2交換を取れるかもしれません。

【プレビュー初日】その1 トレイラームービーと【都市国家の神、エファラ】 ~皆さんお待ちかねですよ!~



 みなさんお待ちかね、プレビューウィークが始まりました!!
 さっそく沢山のカードとメカニズムの紹介、【カードギャラリー】、そしてトレイラームービーが公開されました。
 喋るゼナゴスさんの悪役っぷりにまたしても○゛ィズニーっぽさを感じたのは秘密(´∀`;)

 さて、さっそく今回の目玉でもある2色の神様、その白青。【都市国家の神、エファラ】さんのご紹介です(`・ω・´)

22FOAgZ8mm_JP都市国家の神、エファラ (2)(白)(青)
伝説のクリーチャー・エンチャント - 神

破壊不能
あなたの白と青への信心が7未満であるかぎり、都市国家の神、エファラはクリーチャーではない。
各アップキープの開始時に、その直前のターンにあなたがあなたのコントロール下で他のクリーチャーを戦場に出していた場合、カードを1枚引く。
6/5


 2色の【神】はどうやら【信心】7を要求してくるようですね。
 この【信心】を数える時に、【混成マナ・シンボル】は1度しか数えないので注意。
 つまり、戦場に【エファラ】さんと【審判官の使い魔】1体が居る場合、「白への信心」は2「青への信心」も2。ですが、「白と青への信心」は3です。ご注意あれ。(そうじゃないと【ボロスの反攻者/Boros Reckoner】とか【夜帷の死霊/Nightveil Specter】が凄まじいことになっちゃうからね)

 さて、【エファラ】さんの性能ですが……。私は好みです(´∀`*)

 【青単信心】にタッチ白したデッキに投入されるかもしれませんね。【拘留の宝球/Detention Sphere】などで稼げる白信心を無駄にしないという点も素敵ですし、【海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea】との同居も無理なく出来そうです。
 4マナなので【波使い/Master of Waves】【タッサの二叉槍/Bident of Thassa】とかち合う分デッキ構築には気をつかいそうですが、一度組んでみたいと思わせられるカードですね(`・ω・´)


 逆に通常の青白系のコントロールに入れて強いパーツとは言えないでしょう。どうしてもクリーチャーを展開する回数(=ドロー出来る回数)が少なくなりがちですし、置物の少なさから【エファラ】のクリーチャー化も狙いにくいです。

 うーん、こいつ青白の神だけど【群れネズミ/Pack Rat】との相性が良いんじゃないですかねぇ(´・ω・`)
 自分のターンで【ネズミ】を出す、→次のターン【エファラ】さんの能力でドロー→ドローしたカードを【ネズミ】トークンに変える→自分のターンにもドロー……以下略
 通常のドローと合わせると、自分のターンと相手のターンで計3枚もドローしている計算に。
 夢が広がりますなぁ(*´∀`) ……【返済代理人/Deputy of Acquittals】で良いとか言っちゃ駄目。

 さて、とりあえず今回はここまで。まだまだ沢山のカードが公開されていますので、すぐ「その2」の記事を書きますよー。
 それでは次の記事で(`・ω・´)!

マジック:ザ・ギャザリング 神々の軍勢 ブースターパック 日本語版 BOXマジック:ザ・ギャザリング 神々の軍勢 ブースターパック 日本語版 BOX

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 2014-02-7

Amazonで詳しく見る

【グランプリ・静岡】優勝はオルゾフウィニー! ~ドヤ顔できなかった(´・ω・`)~

 はいみなさん今晩はー!
 【グランプリ静岡】、終わってしまいましたね。私は参加できませんでしたが、動画を見るだけで楽しそうな雰囲気が伝わってきて良い大会だったと思います。

 さて、【スタンダード】で行われた今回のグランプリですが、優勝は【オルゾフウィニー】! そして準優勝は【エスパーミッドレンジ】
 どちらも環境に今まで大きな存在感を見せなかったアーキタイプですね。どちらも所々結果を出しては居たものの、あまり注目されていなかったデッキなので新鮮です(`・ω・´)

 どちらも面白くて是非紹介したいデッキなので、記事を分けてそれぞれ書いていこうと思います。
 今回は優勝の【オルゾフウィニー】について。

仲田涼氏の
【オルゾフウィニー】
土地 - 22
7【平地/Plains】
4【神無き祭殿/Godless Shrine】
4【変わり谷/Mutavault】
4【静寂の神殿/Temple of Silence】
2【オルゾフのギルド門】
1【沼/Swamp】


クリーチャー - 29
4【ボロスの精鋭/Boros Elite】
4【万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon】
3【ドライアドの闘士/Dryad Militant】
4【果敢なスカイジェク/Daring Skyjek】
4【管区の隊長/Precinct Captain】
3【威圧する君主/Imposing Sovereign】
4【放逐する僧侶/Banisher Priest】
3【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】


その他 - 9
4【精霊への挑戦/Brave the Elements】
3【オルゾフの魔除け/Orzhov Charm】
2【ヘリオッドの槍/Spear of Heliod】


サイドボード - 15
2【利得+損失/Profit+Loss】
3【闇の裏切り/Dark Betrayal】
2【思考囲い/Thoughtseize】
1【真髄の針/Pithing Needle】
3【破滅の刃/Doom Blade】
3【罪の収集者/Sin Collector】
1【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】


BZB2BCzt9Q_JP 【オルゾフウィニー】とは言いますが、色の配分は白タッチ黒ですね。優秀な白の人間クリーチャー達が攻め、黒の【ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer】で除去耐性を得てごり押しも可能になる、といった感じ。

 ……うーむ、実は私これに近い構成を題材にした【白黒人間の記事】を3カ月ほど前に書いているんですよ。でも、その時は自分で「このデッキタイプは厳しそう」とか言っちゃってるんですよね……。もし「このデッキは来るデ!」とか言っておけばドヤ顔出来たかも知れないのに。惜しいことしましたかねぇ(´∀`;)

 思うに、今になってこのデッキが活躍した背景には環境の低速化という要因があるのではないかと思います。
 テーロスの発売直後の混沌とした環境ではメタに左右され辛い高速デッキを好んで使う人も多かったですから、【アグロデッキ】対策をきっちりしているデッキもかなり多かったんですよね。実際、【エスパーコントロール】などの除去を大量投入した重コントロールデッキと
【赤単のような高速デッキのにらみ合いがあったと記憶しています。なのでこういった正統派【ウィニー】は活躍し辛かったのではないでしょうか。
 ですが、昨今の環境は各種【信心デッキ】【ミッドレンジ】などの中速が存在感を大きく増し、コントロールデッキもそれらへの対策に枠を取られてしまう様になってきました。その結果高速デッキへの対策が若干減っていましたので、そこを貫く形で今回の【オルゾフウィニー】の優勝となったのではないでしょうか。
 天敵の【神々の憤怒/Anger of the Gods】を投入したデッキタイプも減ってましたしね。

 ともかく、今回は【オルゾフウィニー】が優勝です。本当におめでとうございますヽ(*´∀`)ノ
 こうしてメタが回って行っているのを感じると、デッキの調整をしたくなりますね。
 ああ、今のスタンダード楽しい。

 今回はこんなところでお終い。ちょっと早いですけどね。
 次回は準優勝の【エスパーミッドレンジ】についてですよー。
 それじゃまたお会いしましょう~(`・ω・´)ノシ

MTG [マジックザギャザリング] ザスリッドの屍術師[レア] [基本セット2014] 収録/M14-123-RMTG [マジックザギャザリング] ザスリッドの屍術師[レア] [基本セット2014] 収録/M14-123-R

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト

Amazonで詳しく見る

来年1月のFNMプロモは【戦導者のらせん】 ~これで10ギルド完走!~

 みなさんこんにちはー。TRPG鋭意制作中、管理人です。
 新しいFNMのプロモカードが公開されましたよー! 二日も前ですけどねヽ(´∀`;)ノ

57h5itbztr_JParc1350_-klashjd_helix

 一月のプロモは【戦導者のらせん】! 右側がプロモ版ですねー。

arc1350_-klashjd_art

 思った以上にフルフェイスな天使ってカッコいいですね! 羽が赤黒いのもまた歴戦の風格を感じさせて素敵です。

 今年の4月からFNMプロモにはそれぞれのギルドの良カードが選ばれていったわけですが、今回の【戦導者のらせん】をもって、十か月続いたこの流れは終了となりますね。
 ちなみにこれまでのプロモはこんな感じ。

2013年4月 セレズニア【議事会の招集/Call of the Conclave】
5月 アゾリウス【審判官の使い魔/Judge's Familiar】
6月 イゼット【イゼットの魔除け/Izzet Charm】
7月 ラクドス【ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler】
8月 ディミーア【ディミーアの魔除け/Dimir Charm】
9月 シミック【実験体/Experiment One】
10月 グルール【ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager】
11月 ゴルガリ【忌まわしい回収/Grisly Salvage】
12月 オルゾフ【罪の収集者/Sin Collector】
2014年1月 ボロス【戦導者のらせん/Warleader's Helix】

 並べてみると本当にそうそうたる面々ですねヽ(*´∀`)ノ
 各ギルドのプロモカードを見ていくのはなんだかギルド旅行って感じで楽しかったので、似たようなサイクルがまたあるといいなー、なんて思っちゃいます。
 ってなところで今回は終了。また次の記事で(`・ω・´)

MTG [マジックザギャザリング] 戦導者のらせん [ドラゴンの迷路] 収録カードMTG [マジックザギャザリング] 戦導者のらせん [ドラゴンの迷路] 収録カード


ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
Amazonで詳しく見る
このブログについて
 このブログは、 カードゲーム【マジック:ザ・ギャザリング】、通称【MTG】 に関するアレコレを適当に書き綴っていくブログです。
(   `・ω・´   )
基本的に毎日更新しますよー。

【MTG<またぎ>ブログ】は直ちに生涯補償のポリシーを撤回した。

ブログのURLが変わりました。→ http://mtg.blog.jp/
Amazonで買えるMTG商品
↓クリックすると開きますよー↓




神々の軍勢BOX(日本語版)
神々の軍勢BOX(日本語版)

MTGミントカード
mtgmintcard
広告
広告
記事検索
広告
連絡はこちらへ
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ